トップページ > ITのポイント100 > 仕組み化に、同じものはない。【No.037】

仕組み化に、同じものはない。【No.037】


システムコンサルタントの長谷川です。 仕組み化、というと、 効率的な業務が行え、無駄を省き、利益率を高め、顧客満足度を上げる といったことを軸に考えていくことになりますが、 一社一社、同じ仕組みで対応することなんて、ほぼ、不可能です。 各企業には、それぞれが築いてきた、文化と文明が、存在します。 その文化と文明から、大きく外れた仕組み化を導入しても、まずもって、うまくいくことはありません。 ですから、私は、文化と文明を理解することを、絶対に行います。 これを理解せずに、仕組み化のコンサルティングは、ベストリザルトを求めることはできません。   逆に、これをしないで仕組み化を行うということは、文明と文化を無視した、コンサルタント側のやりやすい方法に過ぎません。 コンサルタントのやり方に合わせろ!という、上から目線の、コンサルティングだと、私は思っています。 ただし、1つだけ、コンサルタント側がやりやすい方法を用いる場合があるとしたら、その文化と文明が、大きく時代遅れ、時代とマッチしないと判断し、新しい時代へと進化が必要だと判断した場合です。 この場合でも、コンサルタント側がやりやすい方法と言いましたが、これを浸透させていくことは、単に押しつける安易な方法ではなく、「破壊と創造」を行うという、とてもエネルギーの必要なことになります。   あくまでも、企業の成長に合わせた仕組み化、これが一番重要なことです。 成功への三ヶ条、本当に大切なことなのです。
PREV ペーパーレス化の目的。【No.036】
NEXT 儲かる仕組みは、誰だって欲しい。【No.038】