トップページ > ITのポイント100 > ダメな忙しさを見抜けるか。【No.034】

ダメな忙しさを見抜けるか。【No.034】


システムコンサルタントの長谷川渉です。 「いやー、毎日、忙しくて忙しくて・・・でもこのご時世、ありがたいことです。」 おそらく、サラリーマンの方が、電車内で大きな声で電話をしていたので、周り中に聞こえていた言葉です。 自然とその人に目がいってしまったのですが、クールビズだとしても、ワイシャツもズボンも、ちょっとしわくちゃで、だらしない感じが伝わってくる服装で、顔色もよくなく、疲れ切った表情をしていました。 本当に、毎日忙しそうだなーと、思わせる雰囲気が、漂っています。 でも、本人はそんな状況を「ありがたい」と言っています。まぁ、常套句かもしれませんが。。。   しかしです。 その忙しさは、充実した忙しさなのでしょうか? それとも、非効率極まりないためによる、忙しさなのでしょうか? 表情を見る限り、私には、充実した忙しさには、どうしても見えませんでした。 いろいろ無理をして忙しく、楽しそうでもない、そんな風に見えました。 ワーカーホリックという言葉が耳慣れて、大分たっていますが、周りにいますか?ワーカーホリックな人。 私はそのサラリーマンの人を見ながら、やっぱりワーカーホリックにも2種類あるなーと、しみじみ思っていました。 ・楽しみながら仕事に没頭している、ワーカーホリック ・辛いけど、やらなきゃいけないから働いている、ワーカーホリック 正直、どっちもどっちだというのが私の持論ではあるのですが(笑)、忙しさというポイントだけを見た時、それがダメな忙しさかどうかを見抜けるかが、企業成長へのポイントの1つであることは、間違いないです。 「あの部署(あの人)は、仕事・残業が多い」という事実から、真実を見抜かなければ、いけません。   そこに、企業成長、社員成長につながるシステム(仕組み)化への道が、あります。
PREV データバックアップのあれこれ。【No.033】
NEXT データベース化の目的(2)【No.035】