トップページ > ITのポイント100 > IT化、システム(仕組み)化をストップする時。【No.026】

IT化、システム(仕組み)化をストップする時。【No.026】


システムコンサルタントの長谷川です。 ビジネス上、当たり前のことかもしれませんが、計画・企画したものがすべて、実現される訳ではありません。 当然、IT化、システム(仕組み)化においても、着手をストップする時があります。 ストップする理由は、他の案件をストップする理由と、殆ど同じだと思います。 ・内容に魅力がない ・メリットがない(デメリットが多い、デメリットを把握できていない) ・つまらない ・費用対効果が低い ・(ブランド)イメージと合わない(例え利益が出るとしても) ・資金、人材不足 他にもあると思いますが、要は「決定力に欠ける」何かがあるから、または「決定力不足」だから、ストップ(中止)になるんですよね。 逆に考えると「決定力」があれば、計画・企画は、動き出すということになります。 IT化、システム(仕組み)化を進めるための決定力、それは一体、何でしょうか? 上記ストップする理由をはねのけ、経営者がGOサインを出すような、決定力とは? ・・・それが簡単に分かれば、システムコンサルタントなんて、必要なくなってしまいます(笑)。 業務分析、事業計画、新しい展望・希望、さまざまな想いをヒアリングし、イメージを共有した時、思わずニヤリとしてしまう時、きっと、GOサインが出ると思います。 自然と笑顔になるようなビジョン・イメージの共有をサポートするのも、システムコンサルタントの仕事です。 ※あんまり、こういう言い方をしているコンサルタントは、いないかもしれませんが・・・ しかめっ面でミーティングするなんて、誰も、好まないですよね? だったら、笑顔になるようなミーティングを、一緒にしませんか?
PREV 直感を論理的に説明する【No.025】
NEXT システム(仕組み)化に、経営規模は関係ない。【No.027】