トップページ > ITのポイント100 > 直感を論理的に説明する【No.025】

直感を論理的に説明する【No.025】


システムコンサルタントの長谷川です。 さて、IT関係の人間が「直感」とか言うと、どんな印象を持たれるでしょうか? 私なら「そんな数字で表せないようなものを言うなんて」って思うかもしれないですね(笑)。 ですが、どのような業種の人でも、この直感というものは、ある(働く)と、私は思っています。 実際に、直感によってトラブルを回避できた経験とか、ありませんか? 私も、過去に何度もこの直感によって救われたことがあります。   しかし、直感で「これはだめだ、危険だ」と思っても、それを周りの関係者にきちんと説明できないと、「は?何言ってるの??」ということになってしまう可能性が高いです。 そこで、直感を論理的に説明するというテクニックが、必要になります。 何が、具体的にNGなのか、それを理解してもらう訳です。 1つのポイントは、先にも書きましたが、「数字」なんですよね。 数字で説明するのは、共通認識として、とても理解されやすいです。 なので、まずは、何とか数字で表現できる方法を、検討します。 でも、裏付けは、直感(笑)。   しかし、自分自身、そうやって検討することで、最初は直感だったことでも、やはりこれはこのままいくとNGだ、ということが説明できますので、誰かに伝えるということは、とても大事なことなのです。 こういう積み重ねが、信用・信頼につながり、お仕事にもつながっていきます。 ありがたいことです。
PREV ディスプレイ2台使いは、当たり前?【No.024】
NEXT IT化、システム(仕組み)化をストップする時。【No.026】