トップページ > ITのポイント100 > システムの賞味期限(2)。【No.023】

システムの賞味期限(2)。【No.023】


システムコンサルタントの長谷川です。 前回「システムの賞味期限(1)。」をお届けしました。 システムの賞味期限が切れていると判断した場合、次の行動はどうするか。 これは、食品のようにゴミ箱にポイ・・・とは、いきませんよね。 賞味期限が切れているとはいえ、業務上、動いていてもらわないと、大変困ります。 売上に連動しているシステム等なら、なおさらです。 しかし、そのまま使い続けるには、支障がある。 このような状況の場合、3つのパターンでの対応が考えられます。 ・パターン1 賞味期限の切れたシステムをだましだまし使いながら、新しいシステム開発・導入を進める ・パターン2 賞味期限の切れたシステムに、追加機能や修正を加え、賞味期限を延ばす(延命処置)を進める ・パターン3 同じ業務ができるシステム(パッケージ)を、購入またはレンタルする それぞれに、メリット、デメリットがありますし、どのパターンが貴社に合っているか、それを判断する必要もあります。 行き先の間違った乗り物に乗ったら、行き着く先は・・・。 「プレコンサルティング」では、賞味期限切れのシステム(仕組み)についても、立て直す方法について、貴社に合った方法をご提案しております。 あなたには相談相手がいることを、覚えておいてくださいね!
PREV システムの賞味期限(1)。【No.022】
NEXT ディスプレイ2台使いは、当たり前?【No.024】