トップページ > ITのポイント100 > 個人情報流出が減らない訳【No.019】

個人情報流出が減らない訳【No.019】


システムコサルタントの長谷川です。 何件か、続けて個人情報流出のニュースがありました。 読む度に「またか・・・」と思うのですが、なぜ、情報流出は減らないのでしょうか? しかも、ニュースになるのは割と大きな企業に限らられていますので、中小企業の情報漏洩の可能性も考えると、日々、相当数の個人情報が、不正利用される可能性に、さらされているかもしれません。 この流出が減らない理由、それは 1)個人情報流出の危機感が麻痺している 2)自分たちは大丈夫という過信 3)情報漏洩時の「自分たちも被害者だ」という責任転換意識 4)不正利用されない程度の内容ならという、安易な思考の芽生え 5)情報漏洩しても仕方ない、という甘えの風潮 などがあるかと思います。 要は、「慣れ」てしまっているんだと思います。個人側も、企業側も。悪い意味で。 改善するには、この慣れてしまった感覚を律していく以外、方法はないかもしれません。 それでも機械的ミスも起これば、人的ミスも起こるでしょう。 これだけの情報社会になってしまった以上、避けて通れない問題です、情報漏洩は。 結局、デジタル情報は、アナログ的発想=モラル によって、守られるのかもしれませんね。
PREV 必要な時に必要な情報を見られるか。【No.018】
NEXT データベース化の目的(1)【No.020】