トップページ > ITのポイント100 > バグ(不具合)があったら。【No.017】

バグ(不具合)があったら。【No.017】


システムコンサルタントの長谷川です。 今日、ある体験セミナーを受けてきたのですが、そこで使われていた音響機器、CDではなく、カセットテープでした! CDよりもカセットテープのほうが、目的に合っているとのこと。 何が何でもデジタル化、ということではないんだなーと、しみじみ思いました。 さて、そうは言っても、デジタル化の波は、皆さんにとって、避けて通れない場合も多いと思います。 特に、システム(仕組み)化においては、新しいソフトウエア(アプリケーション)の開発・導入などが必要になってきます。 そして、新しいシステム(仕組み)が導入される際に、ほぼ100%の確率で発生するのが、バグ(不具合)です。 なぜ、ほぼ100%、バグは発生するのでしょうか? 1つ、大きな理由としては、ヒューマンエラー、つまり、人的ミスです。 これは、どんなに注意しても、減らすことは可能ですが、ゼロにするこは、至難の業です。 それだけ、開発という作業は、複雑な世界なのです。 ですので、コンサルティングを行っていても、結果として、バグが発生しても、臨機応変に対応できるよう、心構えができています。 つまり、心情的に、焦りません。 経験的に、どのように対応すればよいか直ぐに判断できますし、本当に「やばい」時でも、逆に直ぐに何もできないことが判断できてしまうので、結果として、焦りません。 焦って考えても、直ぐに解決策の見つからないバグ、時にはあるものなのです。 そんなバグがあったら、どうするか。 もっとも、適切で最善な方法、「誠実な行動」を迅速に取ります。 それ以外、最短での解決策を実施することは、不可能です。 言い訳などしている暇があったら、問題解決に向けて、まず行動です。 謝罪でバグが直るなら、いくらでもします(笑)。 誰かを責めても、同じく、バグは直りません。 修正活動に移らなければ、何も変えられないのです。 落ち着いて、全体を俯瞰し、ベストな行動を指示する。 こういうマインドでのコンサルティングが、私の軸、です。
PREV そのサービス、有料無料、どちらを選ぶか?【No.016】
NEXT 必要な時に必要な情報を見られるか。【No.018】