トップページ > ITのポイント100 > 相見積の判断ができない!【No.012】

相見積の判断ができない!【No.012】


システムコンサルタントの長谷川です。 システム(仕組み)化に必要な投資を行う際に、複数業者に相見積を依頼すると思います。 得意分野であれば、相見積の判断(高い、安い、ここがベスト!)も、さほど難しくなく対応できると思います。 ですが、システム(仕組み)化については、頻度が少ない上に経験もない、そもそも相場が分らないといったことで、相見積を取っても、判断ができない、というパターンが意外と多いです。 そんな時、どうしたらよいか。 ベストな選択肢は 「信頼できる専門家に、判断をお願いする」 これしかありません。 システム(仕組み)化は、一回実施したら、それでおしまいというものではないということは、当ブログでは、常に発信している大事なことです。 最初の判断だけしてもらって、それ以降、コンサルタントに何も聞くことがない、ということは、絶対にありません。 要所要所で、専門家の判断が必要な場面は、必ず訪れます。 その判断を、途中から自分たち(自社内)で責任もって行うのも1つの方法ですが、それについても、一回、コンサルタントに相談してからの方が、安全です。 「これからは自分たちで判断していきたいと思うのですが、どう思われますか?」と。 私なら、状況を的確に把握し、ずばり、お答えします。YesかNoか。 世の中、どうしても損得勘定がありますが、目の前にぶら下がっている餌だけを見ていては、ダメです。 数ヶ月、数年と、先を見越した判断をしなければ、最終的に損、します。 きちんと足元を見て、固めて、将来に向かっての戦略をつくり、戦術を見極め、進んでいく。 これが、企業の基本中の基本だと思います。 プラス、社員の幸せ、社会への貢献が求められていますよね。 皆さまに信頼されるコンサルタントを目指して、頑張ります!!
PREV 電話会議の段取りについて。【No.011】
NEXT 社員2名でも、IT化システム(仕組み)化の余地はあるか?【No.013】