トップページ > ITのポイント100 > ITを難しく考えない、とらえない、扱わない!【No.006】

ITを難しく考えない、とらえない、扱わない!【No.006】


システムコンサルタントの長谷川です。 老若男女関係なく、ITと聞くだけで、このような反応を示す人が、少なくありません。 ・難しくて、うまく考えられない(イメージできない) ・難しくて、自分の範疇ではとらえられない(把握できない) ・難しくて、他の人にまるなげしてしまう(取り扱わない) 共通しているのは「ITは難しい」というイメージ。 これは、ITが会社経営に必須になってきた時から既に始まっていることなので、意外と歴史は長いです。 なかなかこのイメージを変えていくことというのは、難しいと、私自身も感じています。 ですが、ITやシステム、ソフトウェア、ハードウェア、そのようないわゆる「IT機器」というカテゴリーに属するものは、すべて、「たいしたもんじゃ、ありません」なのですよ、いや、本当に。 パソコンなんて、人が操作しなければ、ただの鉄くずですよ? インターネットだって、人が交通整理や住所管理してあげなければ、(見えない)電線がこんがらがって、ほどけない紐と一緒です。 電気はスイッチをONにすれは部屋が明るくなる、パソコンはキーボードやマウスから命令すれば、その通りに動く、これ、同じことなんです。 ただ、パソコンの方が後から出てきたもので、命令方法が多様化してしまっているから、難しいと、感じてしまっているだけなんです。 説明書も分厚く、読む気も起きない。だから、いつまでも使えない=ITは難しい、そんな図式になってしまっています。 そんな難しい分野を、電気のスイッチをONにすれば部屋が明るくなる、そんな風に説明をしていく役目が、私、システムコンサルタントの仕事でもあります。 難しいことを簡単にすることが可能なことは、皆さん、いろいろとご経験があると思います。 ITも、そのうちの1つにできると、思っていただければ幸いです。 ITを難しく考えない、とらえない、扱わない! 1人ではなかなか難しいかもしれません。そんな時は、私に協力させてください。きっと、ITってこんなに簡単なものだったんだという感覚で、経営に取り込んでいく、サポートができると思っています。
PREV 他社の成功事例は、参考程度に!【No.005】
NEXT パソコンの寿命は、4年です。【No.007】