トップページ > ITのポイント100 > 遅いを速くする。【No.044】

遅いを速くする。【No.044】


システムコンサルタントの長谷川渉です。


「業務改善」の基本、についてですが、


 遅いを速くする


ということが、効率化UPの第一歩だと、渡しは考えています。


では、何が遅いのか、ボトルネックになっているのかを知るためには、

業務フローを1つ1つ検証し、分析する

ことが必要になります。


この分析は、社内で担当することと併せて、社外の第三者の目でチェックしてもらう方が、より俯瞰的かつ的確にフィードバックを得ることが可能になります。

社内の担当者がチェックする場合、どうしても「甘さ」や「自己防衛」の感情により、悪いところをついつい見逃したくなる心理(甘い査定)が入ってしまう場合と、逆に、過度に厳しく判断してしまう場合など、極端に振れてしまうケースが出てきてしまいます。


そういった振れ幅を少なくするためには、冷静な判断を外部に依頼することが、より良い結果を得られることに繋がります。


システム(仕組み)化のコンサルティングでは、そういった業務フローの分析から、実際のシステム(仕組み)上でボトルネックになっているポイントを見つけ、改善提案を行っていきます。


業務スピードが上がれば、無駄な残業が減り、公私ともに充実した時間を過ごせるようになりますよね!

PREV 何が必要ないかを知る。【No.043】
NEXT ケチと節約の違い。【No.045】