トップページ > ITのポイント100 > プロジェクトマネージャ(PM)は誰?【No.042】

プロジェクトマネージャ(PM)は誰?【No.042】


システムコンサルタントの長谷川です。

社内にITやシステムの専門部署がない場合、、IT化やシステム(仕組み)化の「PM:プロジェクトマネージャ」は、誰が担当しているのか、よく分からない状況になりがちです。

プロジェクトの流れで、部長クラスの人がそのままシステム関連のPMを兼務する場合などが、多く見受けられます。

ですが、本業+慣れない業務のPMを同時に務めるのは、なかなか大変な労力が必要になります。

結果として、仕様決めなどの判断に時間が必要以上にかかったり、社内で把握できないまま、開発が進んでしまうといった、さまざまなロスが発生します。

兼務せざるを得ないのは、人員の問題、コストの問題であったり、様々な事情がありますが、結果として、兼務する場合と、専門家に委託する場合とでは、どちらが費用対効果が高いと思いますか?

これは、プロジェクトの規模にもよりますが、殆どの場合、専門家に委託した方が、スケジュール管理や仕様の把握、情報共有や外部委託先との折衝など、すべてを任せられるため、断然効率的なプロジェクト進行が可能になります。

経費削減、人件費削減、当然必要なことですが、投資すべき所にはきちんと投資しないと、結果として時間とコストを無駄にすることがあります。

特に、IT化やシステム(仕組み)化は、社内ニーズ、顧客ニーズを素早く満たしていかなければならない、とても重要なプロジェクトです。

プロに委託するという選択肢も、視野に入れておいて損はないと思います。
 

PREV 情報源を広く持つ。【No.041】
NEXT 何が必要ないかを知る。【No.043】